骨伝導イヤホンってどうなの?音漏れは気になる?耳に掛けると違和感がある?メリット・デメリットを紹介します。

PR

この記事は約6分で読めます。

オープンイヤー型のイヤホンとして、骨伝導イヤホンの人気が徐々にですが高まってきています。

この記事では骨伝導イヤホンの特徴・メリット・デメリットを紹介したうえで、どういう人におすすめなのかを紹介します。

今、骨伝導イヤホンを買うかどうかを考えているあなたにとっておすすめかどうかの判断材料として、是非、活用ください。

目次

なぜ、骨伝導イヤホンが登場したのか?

骨伝導イヤホンはどういう背景で登場したんだろう?

骨伝導イヤホンが市場に登場した背景として、環境変化や体への影響軽減が挙げられます。

骨伝導イヤホンが市場に登場した背景として以下が挙げられます。

ながら行動による危険性

  • イヤホンやヘッドホンをしながら自転車に乗ることによる事故の増加
  • スマホを見ながら歩いて人などにぶつかる
  • 最悪の場合、プラットホームに転落する

住環境

  • 集合住宅など隣家との距離が近いため、大音量だと近隣に迷惑がかかる
  • 近隣住人との交流が希薄なため、なるべく迷惑をかけないようにしている

耳への負担軽減

  • イヤホンやヘッドホンは耳への負担が大きい
  • ヘッドホンを長時間していると頭への圧迫が大きい
¥23,880 (2024/02/20 22:38時点 | 楽天市場調べ)

骨伝導イヤホンとは?

据え置き型スピーカーやイヤホン・ヘッドホンと比較した時の骨伝導イヤホンの特徴を紹介します。

骨伝導イヤホンには3つの特徴があります。

  1. 耳にかけて使用するイヤホン
  2. 耳をふさがない
  3. 音源から離れて使用することができる

特徴① 耳に掛けて使用するイヤホン

骨伝導イヤホンは、イヤホンの振動部分が耳の中ではなくこめかみ付近に装着して使用するタイプのイヤホンです。

既存のイヤホンやヘッドホンと異なり、耳や頭に覆うことがないのでわずらわしさがないのが特徴です。

耳や頭を覆わないので圧迫感を感じないという特徴もあります。

特徴② 耳をふさがない

骨伝導イヤホンは耳元を塞ぐ形式ではなく、耳元近くにあるイヤホンから音声を届ける形式のイヤホンです。

イヤホンやヘッドホンと異なり、耳をふさぐことがありません。

そのため、周囲の音を聞きながら、イヤホンの音を楽しむことができるのが特徴です。

特徴③ 音源から離れて使用することができる

一部、有線接続の骨伝導イヤホンもありますが、大半の機種が無線(専用送信機またはBluetooth)接続です。

送信機(音源)と受信機(骨伝導イヤホン)が離れていても音声を届けることができます。

そのため、音源から離れていても使用することができるのが特徴です。

¥17,380 (2024/02/17 18:19時点 | 楽天市場調べ)

骨伝導イヤホンのメリット・デメリット

骨伝導イヤホンを使うことによって得られるメリット・デメリットを紹介します。
メリットとデメリットのどちらを優先するかを考えながら読んでみてください。

骨伝導イヤホンのデメリット

骨伝導イヤホンには3つのデメリットがあります。

  1. 周囲の音が遮断されないため、イヤホンから発する音声に集中できない
  2. 音質にこだわる人には向いていない
  3. 市場が小さいため、スピーカーやイヤホン、ヘッドホンと比べて購入対象商品が少ない

周囲の音が遮断されないため、イヤホンから発する音声に集中できない

骨伝導イヤホンの構造上、耳を塞ぐ形ではないため、イヤホンやヘッドホンのように周囲の音の遮断はしません。

そのため、周囲の音がうるさいとイヤホンから発する音声に集中することができないかもしれません。

例えば、周りに多くの人がいる屋外での使用には向いていません。

基本的には屋内、もしくは、周りに人が多くない屋外(ウォーキング、ランニング、自転車など)での使用を想定して作られているイヤホンです。

音質にこだわる人には向いていない

骨伝導イヤホンの中には音質を重視していない商品もあります。

音質を重視している骨伝導イヤホンもありますが、値段が相応に高くなります。

イヤホンやヘッドホンと比較すると、同一の値段でも音質は骨伝導イヤホンのほうが劣ります。

骨伝導イヤホンのほうがイヤホン・ヘッドホンより耳から離れており、重低音をしっかり伝えることが難しくなるため、より高機能な商品にする必要があることが原因です。

市場が小さいため、スピーカーやイヤホン、ヘッドホンと比べて購入対象商品が少ない

骨伝導イヤホンは割と最近登場してきた新しい音響機器であり、これから成長が期待される市場です。

そのため、まだまだ、市場規模は小さく、発売されている商品が少ないのが実情です。

昨今のおうち時間の増加やテレワークの浸透に伴い、各社の新商品投入も始まり、骨伝導イヤホンの良さが市場に認知されることになれば市場が拡大し、さらに新商品投入がされることになると思います。

骨伝導イヤホンのメリット

骨伝導イヤホンには4つのメリットがあります。

  1. 耳に掛けるため、耳元で音を聞くことができる
  2. 耳元近くにあるのでイヤホンの音量を下げることができる
  3. 耳を塞いでいないので周囲の音を遮断せず、聞くことができる
  4. 耳や頭への負担が小さい

耳に掛けるため、耳元で音を聞くことができる

骨伝導イヤホンは耳元にスピーカーが配置されているため、耳元すぐそばで音声が聞くことができます。

そのため、音源から離れていても大きな音で音声を聞くことができます。

耳元近くにあるのでイヤホンの音量を下げることができる

骨伝導イヤホンは耳元近くで音を聞くことができるのでイヤホンの音量を下げることができます。

耳を塞いでいないので周囲の音を遮断せず、聞くことができる

骨伝導イヤホンの構造上、耳を塞ぐ形ではないため、周囲の音を遮断せずに、音声を聞くことができます。

イヤホンやヘッドホンの場合、耳を遮断しているので、家のインターホンが鳴った時や誰かに話しかけられた時に気づきにくいですが、骨伝導イヤホンの場合、周囲の音が聞こえるので気づくことができます。

耳や頭への負担が小さい

骨伝導イヤホンは、構造上、耳を塞がないため、耳への負担が小さいです。

また、ヘッドホンのように頭が締め付けられることも無いので、頭への負担もありません。

¥11,880 (2024/02/20 14:58時点 | 楽天市場調べ)

骨伝導イヤホンはどんな人におすすめ?

骨伝導イヤホンのメリットとデメリットを考慮した際に、骨伝導イヤホンをおすすめできる人を紹介します。
当てはまる人は骨伝導イヤホンを買うことを具体的に検討してみましょう。

骨伝導イヤホンは下記の人におすすめです。

  1. 何かをやりながら音楽を聞いたりテレビを見たい人
  2. テレワークをする人
  3. 周囲を気にしながら音を聞きたい人
  4. 耳や頭を圧迫されるのが嫌いな人

何かをやりながら音楽を聞いたりテレビを見たい人

Bluetooth接続または送信機接続タイプの骨伝導イヤホンに限定されますが、音源から離れた位置で音声を聞くことができます。

そのため、離れた位置で他のことをやりながら音声を聞くことができます。

例えば、家事をしながらテレビを見ることができます。

テレワークをする人

テレワークをする人は相手とコミュニケーションを取るために、電話やWeb会議などを長時間行うと思います。

この時、骨伝導イヤホンを使うと、両手がフリーになり、パソコン操作など他のことをすることができます。

また、耳が塞がれていないため、Web会議中に電話が掛かってきても気づくことができます。

周囲を気にしながら音を聞きたい人

イヤホンやヘッドホンを付けていると周囲の音が聞こえないため、周りの人に話しかけられて気づかなかったり、インターホンや電話が鳴っているのに気づかなかったことがあると思います。

骨伝導イヤホンは、イヤホンやヘッドホンと異なり、耳を塞ぐことがないので、周囲の音に気を配ることができます。

耳や頭を圧迫されるのが嫌いな人

イヤホンやヘッドホンを長時間付けていると、耳や頭が痛くなったりすることがあると思います。

それは耳や頭が長時間圧迫されることによって引き起こされていると考えられます。

骨伝導イヤホンは、イヤホンやヘッドホンと異なり、耳を圧迫することがないので、長時間付けていても耳や頭が痛くなったりすることはありません。

¥15,950 (2023/02/10 16:48時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

あなたにとって骨伝導イヤホンはおすすめでしたか?

おすすめではなかった方は、据え置き型スピーカーまたはイヤホン・ヘッドホンの購入をご検討ください。

おすすめという方は、実際にどの骨伝導イヤホンを購入するかをご検討ください。

骨伝導イヤホンの選び方と人気商品の特徴をまとめた記事も提供しているので、是非、活用してみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ぜひ、シェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次